鈍角の水切り

職人さんに鈍角の施工方法を教えて頂いた際、
水切りと板の角度が合わないと下の写真のように仕上がりが不細工になることや
水切りの加工についても教えていただきました。

 

試しに水切りを切らせてもらったところ、
やはり素人では上手く切ることができませんでした。
(そもそも真っすぐ切ることができていません)

 

本体施工だけではなく、紙張り、水切り・スタータ施工など、
職人さんによってそれぞれこだわりがありますが
みなさんやはり何年も仕事をしてきた職人だと改めて感じました。

何気なく見ていた水切りも、改めて見てみると何か新しい発見がありそうです。

前の記事

鈍角のプレカット