鈍角のプレカット

先日とある物件で鈍角のプレカットに挑戦しました。

鈍角のある物件自体は2,3件目なのですが、
基礎や水切りの角度と合わせるのが難しいと判断し
その時は鈍角部分を職人さんに現場でカットしていただいていました。

それから数か月後の今回!
手切りの場合いつもどのように寸法をあたっているのかを職人さんに教えていただき
同じようにあたって計測してみました。

↑張りあがりはこのようになりました。
思っていたより上手くいき安心しました。

プレカットで鈍角は出来ない・難しいと思っていましたが
色々な方のご協力を得て無事にプレカットの計測、カット、施工ができました。

これからも出来ることを増やすと同時に
プレカットの品質を上げていければと思います。

前の記事

キューブ柄

次の記事

鈍角の水切り