置き場のない立地での施工事例

先日施工した物件をご紹介します。

今回、旗竿地になっており、通路の奥に建物がありました。

サイディングプレカットなら このような「材料の置き場」や「切り場」「廃材置き場」の取れない場所、 近隣の建物が近く騒音や粉塵の影響が考えられる場所でも 現場の前にトラック乗りつけ、カット済の材料を運んで施工することが可能です。

また、車から材料を降ろして切らずにそのまま貼ることができるので 現場での施工期間が4日と従来よりも短くて済みました。

トラックを停めることが出来る場所があれば、サイディングプレカットでの施工が可能となりますので、 大きなメリットを感じて頂けると思います。

前の記事

新しい板金納め