ナナメのカット

先日、開口の軒天部分に勾配のある建物の施工がありました。

計測しやすいよう、職人さんには先にオーバーハング板金を付けてもらっていたので
きちんと角が出て、きれいなおさまりになっています。

 

正面から見ると ↓このような感じです。

 

板がリブ柄で横に通っており、建物全体もきれいに施工していただいています。

 

前の記事

笠木の板金周り

次の記事

材料の過不足